商品中古自動車の自動車税減免について

中古自動車販売業者の方が所有する商品中古自動車について、次の要件のすべてに該当する場合は、申請により自動車税の年税率の12分の3に相当する額の減免(納付済みの自動車税の一部を還付)を受けることができます。

 ※軽自動車は対象外です。

 

 1.販売業者の要件

(1) 古物商の許可を受けていること。(4月1日午前零時現在)
(2) 自動車税に係る徴収金について滞納がないこと。また、減免を受けようとする年度の自動車税(減免申請自動車を含む、申請者が納税義務者となっている全ての自動車の自動車税)を納期内に納付していること。
(3) 地方税に関する法令又は条例の規定により、罰金以上の刑に処せられたときは、その刑の執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から3年を経過していること。
(4) 地方税法において準用する国税犯則取締法の規定により通告処分(科料に相当する金額に係る通告処分を除く。)を受けたときは、その通告の旨を履行した日から3年を経過していること。
(5) 地方税の滞納処分を受けたときは、その滞納処分の日から2年を経過していること。

【注】1.(2)の要件は「減免を受けようとする年度の自動車税の納期限」現在で判定します。

1.(3)~(5)の要件は、「減免を受けようとする年度の自動車税の納期限の翌日」現在で判定します。

 

2.商品中古自動車の要件

(1) 4月1日午前零時現在、中古自動車販売業者が、販売目的で所有し、かつ展示(修理等のために展示していないものを含む)していること(社用車、代用車、キャリアカー等は対象外)。
(2) 新規登録の後、所有権移転もしくは使用者の変更登録がされていること新車新規・中古車新規登録による所有車は対象外
(3) 自動車検査証の、所有者、使用者とも中古自動車販売業者名義で登録されていること。
(4) 一般財団法人 日本自動車査定協会において商品中古自動車であることが証明されていること。

 

 減免の申請

1.申請窓口

 課税地を管轄する県税事務所(申請先・問い合わせ先はこちら

2.申請書提出期間及び期限

 毎年度4月1日から納期限まで

 

3.申請書類 (様式はこちら

(1) 減免申請書
(2) 一般財団法人日本自動車査定協会の発行する「商品中古自動車証明書」
(3) 古物商許可証の写し
(4) 滞納処分等に係る申立書

減免申請書(様式第51号)

滞納処分等に係る申立書(様式第8号)