総務委員会

松本支部「新年祝賀会講演会」開催

 

松本支部「視察研修旅行」開催

松本支部では令和元年11月1日(金)~2日(土)の二日間にわたり支部視察研修旅行が実施されました。

秋晴れの中、参加者37名で栃木にある「ブリヂストン那須工場」と東京の「JAL整備工場」に伺いました。1日目の見学場所であるブリヂストン那須工場では、タイヤを生産する様子を見学し、実際にテストコースも走行しました。写真でもあるように、世界一大きいタイヤ(実際に鉱山用に使われる本物のタイヤ)が入口にあり圧倒されました。

タイヤは色々な部品を組み合わせて作られており、内部の構成部品や、材料、ゴムの配合、部品の組み合わせ方などで、いろいろな特徴を持ったタイヤを作ることができるそうです。

2日目は、JAL整備工場の見学をしました。すぐ横で飛行機が離発着している格納庫にて、本物の飛行機を整備している所を見学し、1回約1ヵ月間かけてエンジンをオーバーホールする整備を見たり、試運転でエンジンを回す場面が見られたりと感動しっぱなしでした。

また、すれ違う際に、整備士の皆様がきちんと「こんにちは」と挨拶されて通行していたのも、とても印象に残りました。